垂れ流しのゲロ

コミュ障が見知らぬ他人100人と会話するリハビリ日記

生存報告 2

長らく更新していなかったから、無事に東京から帰還できなかった人みたいになってしまった。

他に書きたい事が山積みになってしまっているので、とりあえず東京の話を書いておく。
といっても、初めて東京に行ってから大分時間も経ち、殆ど覚えていないので印象に残った事だけざっくり書く。
それと、改行が多くて見づらいという意見を貰ったので、今回はなるべく改行せず、句読点を使って書いてみる。
余計読みにくくなっていたら始末に負えない。

初めての東京に募る不安。過保護な母親の如くLINEを送ってくる知人、そのお陰で気が楽になる私。

夜行バスでラジオをずっと聴いてしまい、切れる携帯の充電。

ネカフェのショーペンハウアーのような髪型をした店員。

スクランブル交差点を平然と歩く、翡翠の眼をしたハリウッド俳優のような外国人。

新宿2丁目、驚異の坊主頭、短パン率。

印象に残っている事はこれくらいだろうか。あとは一緒に遊んだ二人について書こう。

一人は過去の記事で書いたオンナさん、もう一人は「オカマ(仮名)」さんと呼ぶ事にする。
過去の記事に美容に詳しいと書いてある。そういえば、綺麗な肌を維持する秘訣を教えてもらっていた。

ビタミンと野菜は欠かせない。人並みに肉は食べるがそれ以上に野菜を食べる。ご飯を食べるときは最初に野菜を食べる。その方が肉を食べた時に血圧が上がらず、なだらかになり、野菜でお腹が膨れ一石二鳥。
油で出来るものとは違い、大人になってからできるのは老廃物が原因のにきび。お菓子を食べる習慣がない。
皮脂がでやすいので朝、夜と洗顔料を使っている。
洗顔料のあとに化粧水。使っている洗顔料はエテュセの「ジェルムース洗顔」
乳液は男だと逆に皮脂になる可能性がある。化粧水は西友に売っている「化粧水と乳液これ一本」
肌に関しては1に食生活、2に運動と生活リズム、3に化粧水、洗顔。
毎朝「ブルガリアヨーグルト」を半分食べる。
これを続けることにより、摂るおにぎりやインスタントの量も減る。
一週間の内、合計して出てくる野菜の種類は6種類程度。
キャベツ、トマト、玉ねぎ、ブロッコリーコマツナ、ひじき、にんじん。
一家で野菜を沢山摂る。野菜の皿が大きいので家族全員でバクバク食べてる。
献立を決めてるのはお母さん。オンナ家は食材にお金をかける。家具は必要最低限。朝起きたらスコーンを作り名前を付ける。

彼と話した時の記録から抜き出してきた。肌荒れで悩んでいる人の参考になるといい。

オンナさんは小さい頃に、父親の仕事の関係で知らない人と話す機会が多かったからか、人付き合いが上手いのだが、問題は相方のオカマさんだ。
オカマさんは活動を始めて2番目に話した人だ。この人に関しては言いたい事が沢山あるが、今回はグッと堪える。

オカマさんは簡単に言うと危険人物で、のろのろ歩く鳩相手にキレる。アイドルの話を大声でする。
周りに人がいようがお構い無しだ。並んで歩きたくないので、私は常に二歩下がってオカマさんと歩いていた。

合流して休める場所を探していると、何か閃いた様子で「そうだ」と言いながら手を合わせた。
魅力的な女性と、顎髭が目立つ成人男性がやるのとではここまで差が出るのかと感嘆した。
一挙一動がとても奇っ怪で、注意深く見てしまった事を反省している。

ネットでしか繋がりのない人と実際に会うとどうなるのか不安だったが、通話と何ら変わりなく、自然に話せた。
初めて一人で遠出して、少しだけ成長した気分にもなっていた。

あの日は思っていたより悪くなかった事を、ここに記録しておく。